« 忘れてはいけないこと | メイン | 春の光にまっすぐ »

2014年4月 1日 (火)

エイプリルフール

キミが好きなのはこのボクでなく
キミの中にいるもう一人のボクだ

そのボクをボクは演じていたんだ

だからサヨナラ
桜咲く頃の別れ

嘘じゃないよ

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。