« 感受性との対峙 | メイン | 母の口癖 »

2013年3月17日 (日)

尾道、より道、帰り道

 

時代を取り残した頑固な風景の街で思ったこと

懐かしさ古めかしさでない変化を拒む潔さとか

尾道、より道、帰り道

日々の夕暮れに人生の黄昏を感じている場合か

旅に出れぬこのまま死ぬわけにはいかないとか

コメント

胸に吸い込む潮風とか。


往復四車線の道路は
しばらくの間
直線で西へのびていく。


『どこへいくの?』


と、聞いた。


『海』
………とか。


潮の香りの満ちた風を、
等しく胸いっぱいに
反射的に吸い込んでいた
尾道……。

〜お茶くみ〜


コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。