« 神無月、金木犀。 | メイン | たそがれに胸を張る »

2012年10月19日 (金)

天高く、高千穂

「どうだい、稲は」高千穂峰が語りかける。
「まあまあかなぁ」雲はゆっくり流れてく。
稲穂のかおりに満たされる、霧島の秋です。

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。