« 国道を南へ | メイン | スコールのち朝焼け »

2012年8月13日 (月)

この夏をゆくところ

あの夏も、あなたがいた夏も

この夏でさえ二度と来ないと

プールから空を見上げて

過ぎてきた夏を抱きしめる

P7090015

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。