« 2011年2月 | メイン | 2011年4月 »

2011年3月15日 (火)

被災していない僕たちは

同胞として何ができるのか?

被災していないわたしたちは日々の暮らしの中で考えています。

ただテレビを茫然と見つめるだけでなく、何かできないのか。

日常の暮らしの安泰をいただいていることに感謝しながら

昨日、広島への出張から車で帰ってきました。

その高速の途上、災害派遣の消防車や救急車、給水車や電源車、

そして自衛隊の車両が東へ向かう姿に目が潤みました。

がんばれ!たのむ!!がんばってくれ!!!

この国家の非常事態、いまは政権批判の文章は書けません。

ただ、現場の応援や指揮や支援をしなければならない立場の人が

その現場のやる気を削いだり、余計な動きをして能率を下げたり

不用意な発言をしたり、ましてや叱咤をこして脅したりしていないか

とても心配しています。

今、首相をはじめとする政治家の発言や報道で伝わる行動を

みつめていて、以前に読んだことがある文を思い出しました。

以下は防衛大学校第一回卒業式での吉田茂の訓示です。

----------------------------------------------------------------------------------------

君達は自衛隊在職中、決して国民から感謝されたり、

歓迎されることなく自衛隊を終わるかもしれない。

きっと非難とか叱咤ばかりの一生かもしれない。

御苦労だと思う。

しかし、自衛隊が国民から歓迎されちやほやされる事態とは、

外国から攻撃されて国家存亡の時とか、災害派遣の時とか、

国民が困窮し国家が混乱に直面している時だけなのだ。

言葉を換えれば、君達が日陰者である時のほうが、

国民や日本は幸せなのだ。

どうか、耐えてもらいたい。

----------------------------------------------------------------------------------------

以上、転載です。

Godhand

水道、ガス、そして電力会社をはじめとするインフラ関係者も同じ。

何事もなく、あたり前に使える時は感謝なんてしてないでしょ。

なくして分かるもの、それをなくさないための『備え』は必要で

僕らはそれを共有するために国を形成しているのだ。

それらの運用を妨げるものが政治であってはならない。

2011年3月 9日 (水)

この道は、帰りの道ではないのかもしれない

P2060112

3月、夕暮れ時、くしゃみしながらの

帰り道、ぼんやりと夕陽をみている。

P2060111

通り過ぎた分岐点のいくつかについて

後悔してみたり、または遠く過ぎた今頃

ああ、あれが分かれ道だったのだなと

苦笑いしながらぼんやりと夕陽をみる。

P2220008

通り過ぎた場所は僕しか知らない風景で

ただそれだけでいいのだと、さてこの先は

右か左か南か北か、旅か仕事に隠れるか

日常の垢にまみれた弱い心が叫んでいる。

この道は、帰りの道ではないかもしれない。