« 2010年10月 | メイン | 2010年12月 »

2010年11月27日 (土)

今日が命日、T 氏に捧げる

今日が命日、T<br />
 氏に捧げる
T氏を偲びながら飲む酒、そしておでん。

また冬が来ますよと話しながら、語られつつもう一献。

2010年11月21日 (日)

今日の『大山』

今日の『大山』(^^<br />
 ゞ

鳥取県日野町の仕事現場、ただいま休憩、中継。
大山の南壁を遠望、冠雪しています。携帯電話の画像ですいません、なかなか焦点が合わずおわかりいただけないでしょうが、快晴で険しい稜線がくっきり見えています。
米子からだと『伯耆富士』いわれる、たおやかな山容です。

2010年11月20日 (土)

出雲街道 根雨宿

出雲街道根雨宿
出雲街道根雨宿
出雲街道根雨宿
昨日から鳥取県日野町にいます。仕事で来る8回目の秋です。
この町に渡ってくるオシドリ探して、朝の散歩中。
満たされた冷たい川霧がキリッとさせる、今回の仕事への心地よい緊張感に満たされた朝。

2010年11月18日 (木)

民間の思想信条言論まで統制するというバカへ ~ 年寄りの言うことを、まず聞け。

入間航友会の会長は、やはり元航空兵。

戦中は百式司令部偵察機に乗ってたそうです。

Co3

鋭い索敵の目は、新たな敵を見つけたのでしょう。

挨拶の全文、先程読ませていただきました。

民間の思想信条まで、言論まで統制するというバカが

政治的行為の制限を強調しているが、要は政権批判

する人物を呼ぶなということだ。

航友会会長の発言が自民党批判だったら、この通達

は出していないはずだと思う。

古老のいうことに耳を傾けるという美徳も忘れたか。

法律の線引きだけではない、国家国民の美意識さえ

破壊しはじめた『国壊議員』を増やしてはいけない。

老兵偵察員が警鐘をならしているのだ。

マスコミという羊飼いの少年ではない。

2010年11月15日 (月)

いつか見た、あかね雲

いつか見た、電柱からの放射線、木立に標識、あかね雲。

コントラストはあの日に合っている、いつか見た光、あの影。

いつかみた、あかね雲

初恋の人は僕より背が高かった。

僕より早くたそがれを見ていたんだ。

いつかみた、あかね雲

大人になった僕もたそがれに追いついた。

あの人は近くにいるようで、追いつけない。