« 都井岬沖通過 | メイン | まだ生きている、旅は続いている。 »

2010年6月15日 (火)

北海道の旅は終り・・・ありがとうKLX

無事に帰れたのは僕の体力だけでなく

このバイクのおかげ。

P6140321

旅に出る前に、マシントラブルが一番の心配事でした。

パンク、チェーン、ブレーキレバー、ワイヤーやその他

トラブルを想定した工具や道具、補修材料などを

かなり用心して積んでいきました。

幸いにして取り出すことはなく、お守りとなりました。

備えあれば憂いなし。

給油所は想定したとおり少なく、24時間営業も見かけなかった。

あわてて用意したガソリン携行缶は特に頼りになりました。

北海道での7日間、2000Km以上を走ってくれました。

ありがとう、KLX。

P6140318

枝幸で貼った、このありふれたステッカーが勲章。

コメント

私も鹿児島市在住(あなたより年長)ですが、毎年北海道を走ります。往きは舞鶴(敦賀)まで自走し翌日夜には上陸、還りは舞鶴(敦賀)から大阪南港さんふらわー利用がパターンです。きっとあなたは来年も行くでしょう。ちなみに今年5月の宗谷は気温2℃の中を走りました。

ヤマシタさん、コメントをありがとうございます。
なんやかんやとバイクでは初めての北海道での出来事や風景を思う前に、さて来年も行けないかなとか秘かに考え始めています。ヤマシタさんのお考えは図星です(笑)
当地鹿児島に同士を見出した気分です。先輩を見習って今から環境整備を始めます。

宮崎から毎年北海道ツーリングに行ってます。
ヤマシタさんの言われるように、舞鶴~小樽便の方が、時間も費用も節約になります。
高速を走れば鹿児島から舞鶴まで12時間程度で到着できると思います。

大阪までフェリーを使うなら、新潟~秋田~苫小牧東がいいと思います。
帰りは小樽~舞鶴でも10%の周遊割引になります。
太平洋側のフェリーより新日本海フェリーの方が総じて割安です。

折角のオフ車なので、ヌプントムラウシ温泉、鹿の湯(その近辺の野湯)、岩間温泉、からまつの湯、薫別温泉、川北温泉、熊の湯、瀬石温泉、相泊温泉、水無海浜温泉、平田内温泉、等など、秘湯めぐりもいいんじゃないですか。

宮崎さん、コメントありがとうございます。
北海道への上陸経路、参考になりました。今回は初回、どうしても昼間に上陸したかったのです。
次回はやはり日本海側かなと・・・ん?次回?(笑)
秘湯めぐりは是非したいです。今後もアドバイスお願いいたします。

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。