« 2010年5月 | メイン | 2010年7月 »

2010年6月27日 (日)

まだ生きている、旅は続いている。

まだ生きている、旅は続いている。
北海道ツーリングへの休暇はもう昔話、すっかり仕事に隠れた日常。
次の旅は始まって続いている。ありふれた毎日のありふれた生活が幸せだったと思い出したり、トラブルが笑い話に変わる日がこの旅の終わり。
不吉な言い方に聞こえるけど人生って死に場所を探すことかもしれない。生かされているということは、まだ死に場所にたどり着いていないのだろう。
仕事帰りのたそがれ、夕焼け雲に胸を張る。

2010年6月15日 (火)

北海道の旅は終り・・・ありがとうKLX

無事に帰れたのは僕の体力だけでなく

このバイクのおかげ。

P6140321

旅に出る前に、マシントラブルが一番の心配事でした。

パンク、チェーン、ブレーキレバー、ワイヤーやその他

トラブルを想定した工具や道具、補修材料などを

かなり用心して積んでいきました。

幸いにして取り出すことはなく、お守りとなりました。

備えあれば憂いなし。

給油所は想定したとおり少なく、24時間営業も見かけなかった。

あわてて用意したガソリン携行缶は特に頼りになりました。

北海道での7日間、2000Km以上を走ってくれました。

ありがとう、KLX。

P6140318

枝幸で貼った、このありふれたステッカーが勲章。

2010年6月14日 (月)

都井岬沖通過

都井岬沖通過
まもなく志布志港。
ただいま九州。

2010年6月13日 (日)

淡路島洲本市沖

淡路島洲本市沖
淡路島洲本市沖

定刻より約30分遅れで出港。

先ほど左舷で見た関空から飛び立った飛行機はそろそろ鹿児島に着く頃か。

帰るだけの船旅、もっと遅くなれ。

昨夜までの太平洋フェリーは船首の部屋でつらかったのですが、

今夜の僕の船室は船体の右舷中央あたり。

心地よい船の揺れにウイスキーすすりつつ気持ち揺れ、ひとり旅の打ち上げ。

さんふらわぁ〜蛍の光

さんふらわぁ〜蛍の光
まもなく大阪南港発さんふらわぁの中で『蛍の光』が流れています。

見送る人はなく、ただ雨が降っています。

明日でこの旅は終わり。

帰り着いて荷をほどくまでが旅と心得てます。

気をつけて、と声かけてくれた昼飯した店のオバチャンも思い出として。